システムについて

復習の効果を高めるある方法とは?

 

英単語を学習する際には、定期的な復習をすることが必要です(英単語の効果的な復習スケジュールに関しては、「二度と忘れない! 英単語の効果的な学習法」をご覧ください)。

 

復習をする際に、何か気をつけるべきことはあるのでしょうか? 認知心理学の実験から、「単語をただ眺めるのではなく、単語に関する記憶を能動的に想起することで記憶が強化される」ということが判っています。

 

「Appleの意味は『りんご』です」と人に教えられて復習することを、パッシブ・レビュー(passive review)といいます。一方で、「Appleの意味はなんですか?」と人に聞かれて、「りんごです」と自分自身で能動的に思い出すことを、アクティブ・リコール(active recall)といいます。

 

過去の実験により、パッシブ・レビューよりも、アクティブ・リコールの方が、より長期的な保持につながることが示されています。

 

パッシブ・レビューよりも、アクティブ・リコールの方が効果的なのはなぜでしょうか? 次のページでは、アクティブ・リコールが記憶保持を促進する理由をご説明いたします!