本当にTOEIC®TESTに自信のない人だけに通ってほしいb is for TOEIC®TEST。初心者専門・女性限定のTOEIC®TEST対策コースです。

あなたのTOEIC®TEST対策は間違ってる?

TOEIC, 対策, トーイック, トイック

b is for TOEIC®TESTのページへようこそ。

 

まず、自己紹介からさせてください。
私、bが提供するTOEIC®TESTコース名づけて「b is for TOEIC®TEST」のプラン開発を行ったMichael Beresford(マイク)といいます。
マンツーマン英会話のレッスンを主に、bでビジネス英語を強化したいお客様に担当しているレッスン・パートナー(講師)兼TOEIC®TESTコースの開発責任者です。

 

日本では長らく多くの企業様、そして官公庁様に対してビジネス英会話の授業を行ってまいりました。

 

いきなりですみません・・・。

 

 

私が、初めて日本にやってきたのは5年前になります。
日本での生活を決心するまでの間、英国の大企業で鉄道関係のプロジェクトなどに携わっておりました。

 

 

それまでは、大学生時代に外国人留学生に英語のチューター(講師)をしたりといった経験はありましたが、TOEIC®TESTという試験の存在すら知りません。同じ試験でもTOEFLを知っている人は、イギリスやアメリカといった国でも、教育業に携わる人なら見たことがあるでしょうが、このTOEIC®TESTという試験はかなり特異なもの。

 

 

 

そうなのです!!

 

 

ネイティブから見るとTOEIC®TESTの試験というものはかなり不思議な試験なのです。

 

 

もちろん試験を運営しているのはETS(Educational Testing Service)と呼ばれる米国の非営利団体です。が、試験自体はもともと、日本の通産省(経済産業省)と経団連(経済団体連合会)の要請から作られた試験であるため、どうしても、日本人に合わせた対策型の試験です。

マンツーマン英会話 bわたしの英会話 資料請求ダウンロード

マンツーマン英会話 bわたしの英会話 お電話でのお問い合わせ


TOEIC®TESTは受験対策でスコアアップするってホント?

TOEIC, 対策, トーイック, トイック

よく、TOEIC®TESTは「受験勉強さえしたら大丈夫」

 

 

といわれます。

 

 

確かにTOEIC®TESTの学習は、英語学習とは切り分けて、割り切って受験勉強として点数を取ることに集中した勉強をすることでハイスコアが狙えるのも事実です。

 

 

 

なるほど、確かに本屋さんに行くとこのような風潮が強い本が沢山出ています。
これは、日本に限らずTOEIC®TESTの試験が企業の人事考課や就職活動に大きな影響を与える韓国でも同じことが言えるそうです。

 

 

また、アメリカでは大学受験の共通試験で「SATというものがあります。
試験を製作しているのはTOEIC®TESTと同じETSという教育機関です。やっぱり、アメリカの学生も受験勉強するのですね。

 

 

ただ、日本におけるTOEIC®TESTのコースを調べてみたところ、対策コースを提供しているスクールの多くはどちらかというと外国人が教えている講座ではなく、専門学校のような場所で日本人講師がテクニックと勉強法に注力した
講座を行っている印象でしょうか。

 

 

同じことは、お隣での韓国でも言えるようです。
今や、韓国におけるTOEIC®TEST熱はとてもすごいです。

そして、日本以上に受験競争社会であることからスコアアップを目指した学校が山のようにあります。

 

 

私自身、講師として日本に赴任する前は様々な企業で仕事をしてきました。
当然、私は英語圏の出身のため、実践の英会話では求められるのかが分かるだけに、この日本のTOEIC®TEST学習熱は嬉しい半面、気をつけないと、学生時代でも懲りているはずなのに、社会人になってからも会話の出来ない日本人を量産してしまいます。

 

b is for TOEIC体験レッスンバナー

 

 

TOEICスコア

 

 

 

スコア自体はすごいですね(実戦に役立てばですが・・!)

 

・・・でも、英会話は初級レベル。そんな人たちを何度となく見てきました。

 


TOEIC®TEST対策学校にある落とし穴

TOEIC®TESTのスコア上昇と英会話力は全く別物。
このことを忘れてはいけません。

 

 

ついつい、「何とかTOEIC®TESTで750点取れた!!」
といって、安心して仕事でアピールしてみたけど、全然、実践では使えなかった。

こんな話をよく聞きます。

 

 

TOEIC®TESTのスコアアップが必ずしも、会話力や職場での実践力と直結するわけではない。

 

この現実から目を背けてはいけません。

 

 

日本にあるTOEIC®TEST対策学校のほとんどは、スコア対策専門学校。
すなわち、昔の受験勉強と同じで、テクニック対策に注力しているところが殆どです。

 

 

ましてや、TOEIC®TESTを教えている講師の殆どが日本人。
そして、実際に英語の会話を仕事やプライベートで使ったことのある人は殆どいない。

受験対策の為にテクニックを教える予備校の先生のようなタイプの方が多いです。

 

 

もちろん、スコアアップと会話は切り分けることも一つの考え方ではありますが、
どうせなら、一石二鳥で会話力もついたほうが良いにこしたことはありません。

 

 

そこまで書くと、「じゃ、割り切ってTOEIC®TESTなんていらない!!」と思う人も入るでしょう。
もしくは、「TOEIC®TESTは受験勉強と思って学習するしかないのか」と諦めながらもまずは点数UPを目指す人。

 

このどちらかに分かれることになるでしょう。

 

もちろん、割り切ってしまうのも一つの考え方です。受験勉強が得意な方ならば750点まではこのやり方でも十分に狙えます。

 

でも、せっかくTOEIC®TESTのスコアアップを目指すのならば、

TOEIC®TEST750点 + 職場で差がつく英会話力

そう思いませんか?

 

そうじゃなくても、多くの方の本音のどこかでは、

 

「社内評価や転職のためTOEIC®TESTのスコアは欲しい(だから嫌だけど試験勉強しなきゃ)」
「でも、いくらスコアが高くても会話力がなきゃ職場じゃ使えないし・・・」

 

という悩みがあるはずです。

 

『私たちは、会話主体のスクールとして、果たしてTOEIC®TESTが受験勉強だけの科目として
 終えてしまっていいのだろうか? 』

 

『 いや、むしろ、せっかく勉強するのであればスコアもあげると同時に、
  会話力もアップできれば一石二鳥ではないか?』

 

そう考えて新たなコース開発を「b is for TOEIC®TEST」プロジェクトと銘打ってスタートしました。

 

トイックは社内や社外で門前払いを食らわないためのもの。
でも、トイックの勉強を通じて会話力をアップしていれば、実社会でも鬼に金棒!

 

そう思ってTOEIC®TEST受験対策において私達ネイティブ講師が教えるスタイルで、スコアアップと会話力アップの両方を達成できる、bならではのカリキュラムの開発に取り組みました。

 

それが、「b is for TOEIC®TEST」です。
ネイティブが教える「スコアアップにも効く」そして「会話力アップにも効く」b is for TOEIC®TESTをまずは試してみませんか?


マンツーマン英会話 bわたしの英会話 資料請求ダウンロード

マンツーマン英会話 bわたしの英会話 お電話でのお問い合わせ

マンツーマン英会話 bわたしの英会話 資料請求ダウンロード